『佐々木ノート』から

たまたま小学生のお子さんと話す機会がありました。夏休みは楽しい? 
「うーん、学校の方がいいかなぁ。友だちと遊べるから」
友だちと遊べない夏休み。気の毒な時代になりました。『佐々木ノート』から育てるヒントと子ども愛を得たいと思います。

******************************

大学では入学偏差値が高い大学の自殺ないし自殺未遂者の割合が高いのです。もちろん入学偏差値の高い大学で生き生きと生活している人もいますが、自殺ないし自殺未遂者の割合が増加しているのも事実です。生きる希望とは与えるものではないのです。受験も無理のない範囲内で勉強をされるならいいでしょうが、勉強しすぎないことです。

何が1番大切か、人は友達との関係を失ってしまうと希望を持てなくなるのです。良い学校に入れば、そこで夢や希望を持てるようになると思う人がいます。これは大きな誤解です。子どもというのは夢や希望をずっと持ち続けるのです。それが途絶えてしまったら、そこから再点火するのはどれだけ大変なことでしょう。楽に偏差値の高い学校に入学されるならそれはよろしいでしょうが、大変な苦労をしなければならない学校へは入らない方が良いでしょう。

子どもに必要なのは友達との関係です。それを上手に与えることです。小さなお子さんであれば、保護者の目が必要になるかもしれませんから我が家へいらっしゃいとか、そちらへお邪魔させていただきます、というような関係があると良いですし、園を選ぶには勉強よりも遊びを大切にしている園を選ぶと良いでしょう。友達との関係を大切に育てるべきなのです。


******************************

202208-.jpg
子育て協会

顧問:佐々木正美(精神科医)
代表:杉浦正明
「子どもの健全育成」「子育て家庭の支援 」「教育・保育者の研修・育成」「子どもが育つ地域社会づくり」を目的に活動、幅広い子育て支援・家族支援を行っています。本ブログでは、子育て協会からのお知らせや佐々木正美先生の書籍などをご紹介しています。

最新記事
カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンク
QRコード
QR