児童虐待

連日の虐待報道に、心が痛まない日はありません。小4女児の失望はいかほどだったことでしょう。
「子どもは大人になりたがっている」という佐々木正美先生の言葉を思い出します。
繰り返される児童虐待。防止の核心はいったい何なのか。子育て協会は長年、子どもの問題に取り組むなかで、ことあるごとに佐々木先生から解決の方途を伺ってきました。佐々木先生はズバリ言われます。「父親をサポートすることだ」。

『児童虐待 ~大人の心が見える本~』(佐々木正美著/子育て協会発行)より一部を抜粋してご紹介します。

子どもを虐待してしまう親が、自分が子どもの時に虐待を受けたことが多いことは事実です。子どもの悲しみがわかるでしょうに、と一般の人が素朴に考えることもよくわかります。けれども、親から虐待されながら育って来た人というのは、愛されたいという感情が人一倍強いのです。愛されて来た人には到底わからないほど、愛を渇望しているのです。それは愛されて来なかったからです。

『児童虐待』『子どもの心が見える本』は、さまざまな問題解決の道しるべが明かされています。両書をお持ちの方には、ぜひ再読をお勧めします。
子どもたちの笑顔あふれる家庭、地域社会でありたいと思います。
子育て協会

顧問:佐々木正美(精神科医)
代表:杉浦正明
「子どもの健全育成」「子育て家庭の支援 」「教育・保育者の研修・育成」「子どもが育つ地域社会づくり」を目的に活動、幅広い子育て支援・家族支援を行っています。本ブログでは、子育て協会からのお知らせや佐々木正美先生の書籍などをご紹介しています。

最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンク
QRコード
QR